ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 情報化 > 産業の情報化支援 > 大分県版第4次産業革命「OITA 4.0」 > 遠隔操作ロボット「アバター」利用モニターの募集!!

遠隔操作ロボット「アバター」利用モニターの募集!!

印刷用ページを表示する掲載日:2019年5月31日更新

※本件の応募受付は終了しました。

遠隔操作ロボット「アバター」利用モニターの募集について

 県では、平成30年からANAホールディングス株式会社やJAXA(国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構)と共に、遠隔操作ロボット「アバター」の実用化に向けた取組を進めており、観光や教育等の実証フィールドの提供等で協力を行っています。
 このたび、大分県とANAは、株式会社NTTドコモの協力を得て、「移動」と「コミュニケーション」に特化したアバター「Beam」を使って、高齢者と遠方に住んでいる家族とのコミュニケーションなど、一般家庭等における新たな用途をさぐるため、一定期間、実際に家庭等でアバターを利用し、その効果を検証してもらうモニターを以下のとおり募集します。

モニター募集にかかる応募条件等

1 参加条件  「公募要領 5」に掲げる参加条件のとおり

2 募集人数  10名

3 募集期間  令和元年5月17日(金曜日) ~ 6月 7日(金曜日)まで

4 利用期間  令和元年7月 1日(月曜日) ~ 7月31日(水曜日)まで

5 応募方法  以下(1)又は(2)のいずれかにより応募ください。

 (1) 遠隔操作ロボット「アバター」利用モニター申請書(様式1) [Excelファイル/12KB]

    を、E-mail又はFAXにて提出

    【メール送付先】 a14150@pref.oita.lg.jp 

    【FAX送付先】 097-506-1728

      担当者: 大分県商工観光労働部情報政策課IT戦略推進班 阿部・高倉

 (2) 簡易申請システム(下記URLよりアクセスください。)から必要事項を記入し提出

    URL : https://www.egov-oita.pref.oita.jp/4VtgcKJT

6 決定方法  応募の順に通信環境や「公募要領 5」に掲げる参加条件の確認等を行い、
          募集締切り後、「公募要領 4」に掲げる利用ケースのバランスを考慮の上、
          県にてモニターを決定します。

利用のイメージ 

(大分県内の老夫婦の場合)

・老夫婦二人暮らしの家にアバターを置き、東京で離れて暮らす息子夫婦や孫が操作。

・里帰りした時のようなコミュニケーションや高齢の両親の見守りを実現

     アバター利用のイメージ図


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください