ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 農業 > 農業全般 > 世界農業遺産に認定された国東半島宇佐地域について > ミャンマーカレン州政府関係者による国東半島宇佐地域世界農業遺産の視察が行われました

ミャンマーカレン州政府関係者による国東半島宇佐地域世界農業遺産の視察が行われました

印刷用ページを表示する掲載日:2018年11月1日更新

 平成30年10月25日(木)に、ミャンマーカレン州政府の農業灌漑大臣ほか4名及び日本財団理事長ほか3名が国東半島宇佐地域世界農業遺産を視察に訪問されました。ミャンマーカレン州では、日本財団と共同で薬草・森林資源の振興を目的として、2013年から薬草センタープロジェクトを実施しています。ミャンマーカレン州政府では、世界農業遺産の認定を視野に、薬草・森林資源の保全と活用の政策を策定しようとしており、森林資源を活用している国東半島宇佐地域の取組を視察されました。
 視察後、農業灌漑大臣から「州の実情にあった世界農業遺産を検討していく。大変参考になった。」と話されました。

訪問日時

 平成30年10月25日(木)14時~18時

訪問箇所

・七島藺學舎、クヌギ林
   ・国東半島宇佐地域世界農業遺産の概要
   ・国東半島宇佐地域世界農業遺産推進協議会の取組
   ・くにさき七島藺振興会の取組

・大分県庁
   ・安東副知事表敬

視察の様子

七島藺學舎・クヌギ林

林会長あいさつ ミャンマーカレン州政府関係者 細田事務局長
   協議会 林浩昭会長      カレン州政府関係      くにさき七島藺振興会 細田氏

工芸士  クヌギ林
   工芸士 岩切氏実演     クヌギ林を見学する訪問団 

大分県庁

安東副知事あいさつ カレン州農業灌漑大臣あいさつ 日本財団尾形理事長あいさつ
  安東副知事歓迎のことば  カレン州農業灌漑大臣あいさつ 日本財団 尾形理事長あいさつ

記念品贈呈 記念撮影
     記念品贈呈            記念撮影


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください