ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 福祉保健部 > こども・家庭支援課 > 大分県ヤングケアラー実態調査の実施について

本文

大分県ヤングケアラー実態調査の実施について

印刷ページの表示 ページ番号:1248099997 更新日:2021年10月1日更新

大分県はヤングケアラー実態調査を実施します

 
県では、大分県内のヤングケアラーの実態を把握するため、下記のとおり調査を実施します。
今年度中に調査結果をとりまとめて公表する予定です。 

調査期間

 令和3年10月1日~

調査対象

 大分県内の小学5年生から高校3年生の全児童・生徒

調査内容

 調査内容について、下記の調査票をご覧下さい。

 ・ヤングケアラー調査票(小学生) [PDFファイル/214KB]

 ・ヤングケアラー調査票(中学生) [PDFファイル/232KB]

 ・ヤングケアラー調査票(高校生) [PDFファイル/221KB]

 

ヤングケアラーとは

○ 法令上定義はありませんが、一般に、本来大人が担うと想定されている家事や家族の世話などを日常的に行っている子どもとされています。

○ 家庭内のデリケートな問題であることから表面化しづらく、また社会的な認知度も現時点において低いため、周囲の大人のみならず、子ども自身にも自覚がない場合が多く、適切な支援に結び付いていないことが課題となっています。

ヤングケアラーとは

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)