ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 福祉保健部 > 障害福祉課 > 医療的ケア児等コーディネーターについて

本文

医療的ケア児等コーディネーターについて

印刷ページの表示 ページ番号:0002076973 更新日:2022年4月19日更新

医療的ケア児等コーディネーターについて

1.概要

 県では、医療的なケアが必要な障がい児等が地域で安心して暮らしていけるよう、医療的ケア児等に対する支援の調整を適切に行う人材(コーディネーター)を養成しています。
 令和元年度から令和3年度までに下記の者が研修を修了し、各地域でコーディネーターとして活動しています。

2.医療的ケア児等コーディネーターの活動内容

 医療的ケア児等コーディネーターは下記の活動を行います。
(1)本人(家族)の状況に応じた支援チームづくり
   コーディネーターは、本人と家族の情報を収集するとともに、支援に必要な医療、福祉、教育等によるチームを形成し、チームメンバーの連携と協働によって本人と家族の生活を支援します。

(2)地域における支援体制の構築
   地域の医療的ケア児を支援するための協議の場(自立支援協議会等)に参画し、医療的ケア児の支援に必要な資源、サービスの向上など、活動によって浮かび上がってきた課題と目標を関係者で共有し、解決と実現に向けた連携体制を構築します。

医療的ケア児等支援者養成研修について

 県では、令和元年度から令和3年度までに、医療的なケアが必要な障がい児等が地域で安心して暮らしていけるよう、医療的ケア児等に対する支援の調整等を適切に行う人材(コーディネーター)を養成しました。(実施した研修のカリキュラム等は別添のとおり)。

 令和4年度からは、過去3年間に養成したコーディネーターを対象にしたフォローアップ研修を引き続き実施するとともに、さらなる支援者養成のため、関係者を対象にコーディネーター養成研修の講義部分を実施します。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)