ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 障害福祉課 > 大分県重度心身障がい者医療費給付事業の制度改正(自動償還払)について

大分県重度心身障がい者医療費給付事業の制度改正(自動償還払)について

印刷用ページを表示する掲載日:2019年4月1日更新

大分県重度心身障がい者医療費給付事業の制度改正(自動償還払)について

移行時期について

 大分県では、重度心身障がい者医療費給付事業について、本年10月受診分から県内一斉に自動償還払への移行を予定しています。

移行調整期間(本年8月1日~9月30日受診分)

 本年10月受診分から県内一斉での円滑な移行のために、対象者の本年8月から9月受診分の自己負担額支払データを、10月受診分からの制度移行後と同様の流れで、医療機関から国保連合会に送付するテスト期間です。各機関の事務確認やデータが問題なく市町村まで届くかなど確認します。

 移行調整期間中から対象者は、医療機関の窓口で受給者証を提示する予定ですので、システム改修や報告支援ツールの導入等の準備が完了し、対応可能な医療機関はご協力をお願いします。

 なお、あくまでテスト期間ですので、対象者に給付金が振り込まれるのは10月受診分からとなります。また、移行調整期間中の事務手数料はありません。

給付金支給申請手続きの変更について

 受給資格者は、市役所等での給付を受けるための申請をする必要がなくなり、後日、指定された口座へ給付金が振り込まれる予定です。
 対象者には、市町村から「受給者証」が交付されます。
 ※一部自動償還払いの対象にならない医療費があります

説明会資料、関係資料

 ※今後、修正が加わる可能性がありますので、ご注意ください。随時、最新版に更新します。
【医療機関・事務担当者向け】
【医療機関ベンダ向け】
 平成30年6月5日に医療機関のレセプトコンピューターシステム開発事業者向けの説明会において配布した資料です。
 ※平成30月8月3日
   大分県重度心身障がい者医療費給付事業(自動償還)自己負担額支払明細書作成要領(医療機関向け)を第1.1版に更新しました。

自己負担額支払明細書作成要領(医療機関ベンダ用)に関する質問、国保連合会への報告様式について

 標記については、下記、大分県国保連合会のホームページをご覧ください。

大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください