ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 環境保全課 > ほう素及びその化合物、ふっ素及びその化合物並びにアンモニア、アンモニウム化合物、亜硝酸化合物及び硝酸化合物の暫定排水基準の見直しについて(令和元年7月1日施行)

ほう素及びその化合物、ふっ素及びその化合物並びにアンモニア、アンモニウム化合物、亜硝酸化合物及び硝酸化合物の暫定排水基準の見直しについて(令和元年7月1日施行)

印刷用ページを表示する掲載日:2019年7月1日更新

 旅館業、畜産農業ほか10業種の皆さんへ
(10業種…電気めっき業、ほうろう鉄器製造業、うわ薬製造業、貴金属製造・再生業、金属鉱業、酸化コバルト製造業、ジルコニウム化合物製造業、モリブデン化合物製造業、バナジウム化合物製造業、下水道業)
 「排水基準を定める省令の一部を改正する省令の一部を改正する省令」が公布され、令和元年7月1日から施行されます。

改正の経緯

 水質汚濁防止法に定める有害物質のうち、ほう素及びその化合物、ふっ素及びその化合物並びにアンモニア、アンモニウム化合物、亜硝酸化合物及び硝酸化合物について一般排水基準が平成13年7月1日より適用されました。
 これらの物質を排出する工場・事業場のうち、一般排水基準に直ちに対応することが困難な40業種について、3年間の期限で暫定排水基準が設定されました。その後3年ごとの見直しを経て、現在では12業種について暫定排水基準が設定されています。
 今回の改正は、現行の暫定排水基準が令和元年6月30日をもって適用期限を迎えることから、令和元年7月1日から令和4年6月30日までに適用される基準について定めるものです。
 なお、令和4年7月1日以降は、一般排水基準が適応されますので、準備をお願いします。

改正の概要

業種制限等現行(H28.7.1~R1.6.30)→見直し後(R1.7.1~R4.6.30)
ほう素及びその化合物(mg/L)ふっ素及びその化合物(mg/L)アンモニア、アンモニウム化合物、亜硝酸化合物及び硝酸化合物(mg/L)
温泉旅館業自然湧出500→50050→50
自然湧出以外30→30
昭和49年以降湧出で50㎥/日以上15→15
畜産畜産農業600→500
工業電気めっき業日排水量50㎥未満30→3040→40
日排水量50㎥以上15→15
ほうろう鉄器製造業40→4012→12

うわ薬製造業     

ほうろううわ薬製造40→10(一般)12→8(一般)
うわ薬瓦の製造に使用するうわ薬製造140→10(一般)
貴金属製造・再生業40→10(一般)2,900→2,800
金属鉱業100→100
酸化コバルト製造業160→120
ジルコニウム化合物製造業700→600
モリブデン化合物製造業1,500→1,400
バナジウム化合物製造業1,650→1,650
下水道下水道業温泉排水を受け入れているもので一定のもの50→50
モリブデン、ジルコニウム化合物製造業排水を受け入れているもの130→130
*一般排水基準10(海域は230)8(海域は15)100

改正の詳細については、下記の環境省のホームページを御参照ください。 

「排水基準を定める省令の一部を改正する省令の一部を改正する省令」の公布について

「ほう素及びその化合物、ふっ素及びその化合物並びにアンモニア、アンモニウム化合物、亜硝酸化合物及び硝酸化合物の暫定排水基準の見直しについて」(令和元年6月21日付け環境省水・大気環境局長通知) [PDFファイル/205KB]


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください