ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 商工観光労働部 > 商工観光労働企画課 > 「インボイス制度」について

本文

「インボイス制度」について

印刷ページの表示 ページ番号:0002200317 更新日:2022年10月5日更新

「インボイス制度」について

令和5年10月からインボイス制度が始まります!

インボイス発行事業者となるためには、原則、令和5年3月31日までに登録申請が必要です!

「インボイス」とは

売手が買手に対して、正確な適用税率や消費税額等を伝えるものです。
具体的には、現行の「区分記載請求書」に「登録番号」、「適用税率」及び「税率ごとに区分した消費税額等」の記載が追加されたものをいいます。
インボイスの記載事項

「インボイス制度」とは

売手であるインボイス発行事業者は、買手である取引相手(課税事業者)から求められたときは、インボイスを交付しなければなりません(また、交付したインボイスの写しを保存しておく必要があります)。
買手は仕入税額控除の適用を受けるために、原則として、取引相手(売手)であるインボイス発行事業者から交付を受けたインボイスの保存等が必要となります。
○インボイス発行事業者になると…
(1)取引先(買手)に対し、インボイスを発行できるようになります
(2)取引先(買手)は、消費税の申告の際、インボイスがあるので仕入税額控除ができます
(3)あなたは消費税の課税事業者となり、消費税の申告が必要になります

 

△インボイス発行事業者にならないと…
(1)取引先(買手)から求められても、インボイスの発行ができません
(2)取引先(買手)は、消費税の申告の際、インボイスがないので仕入税額控除ができません(納税額が増えます)
(3)あなたが免税事業者であれば、引き続き消費税の申告は不要です。


なお、登録するかどうかの判断は任意です。

詳しい内容について

制度の概要、説明会の開催情報や申請手続などは、下記の国税庁の特設サイトから。
各種リーフレットはこちら
インボイス発行事業者の登録申請については、マイナンバーカードでのe-Taxを通じた手続が便利です!

問合せ先

インボイス制度に関する一般的なご質問やご相談は下記のコールセンターまで。

■軽減・インボイスコールセンター
  0120 - 205 - 553 (無料)
  9時00分~17時00分 (土日祝除く)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)