ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 商工観光労働部 > DX推進課 > インターネットに公開するウェブサイトの暗号化と電子証明書による認証の対策について

本文

インターネットに公開するウェブサイトの暗号化と電子証明書による認証の対策について

印刷ページの表示 ページ番号:0002137581 更新日:2021年4月19日更新

※※注意※※

インターネットに公開するウェブサイトにおいては、転送される情報の盗聴や改ざん、重要情報の搾取等を防止するため、すべての情報に対する暗号化と電子証明書による認証の対策(常時TLS(SSL)化)を行うことが望ましいとされております。

インターネット上に公開しているウェブサイトや、これから公開するウェブサイトについては、改めてセキュリティ状況を確認いただき適切な対応を実施するなど、情報漏えい等のリスク低減に向けて十分に注意してください。

※(TLS/SSL)とは
・TLS(Transport Layer Security)・SSL(Secure Socket Layer)は、インターネット上で
やりとりされるデータの「盗聴」「改ざん」「なりすまし」等を防止するための暗号化通信方法
・暗号化済HP のURL:「https・・・」 ⇔ 暗号化未済HP のURL:「http・・・」

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)