ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

木材関連統計

印刷ページの表示 ページ番号:0002118653 更新日:2022年5月16日更新

1.木材関係

 大分県内には、16の原木市場があり、2019年の素材取扱量は1,172千㎥と、リーマンショック以後、増加傾向で推移してきましたが、2020年は新型コロナウイルスや災害の影響もあり、1,038千㎥と落ち込みが見られました。しかし、2021年はウッドショックの影響により、1,205千㎥と回復するとともに過去最高の取扱量となりました。県内の製材工場は素材の大半を原木市場から購入しており、原木市場が素材流通の大半の担い手となっています。

 以下は、大分県内の原木市場の取扱量と平均価格をまとめたものです。

 (令和4年4月分)大分県内原木市場の現状【樹種取扱量、平均単価】 [PDFファイル/288KB]

2.住宅関係

 県では、木材の需要拡大施策推進のため、木材の最大消費先である住宅の着工戸数の把握を行っています。

 以下は、国土交通省が公表する住宅着工統計をもとに、大分県の住宅着工戸数や住宅の木造率等をとりまとめたものです。

 (令和4年3月分)住宅着工戸数統計 [PDFファイル/205KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)