ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 河川課 > 平成30年7月豪雨の河川改修事業効果

平成30年7月豪雨の河川改修事業効果

印刷用ページを表示する掲載日:2018年7月25日更新

今回の平成30年7月豪雨において、河川改修により家屋等の浸水被害を解消しましたのでお知らせします。


 県では、平成24年九州北部豪雨などの甚大な浸水被害の再度災害防止として、堤防整備や河道掘削等の河川改修を進めてきました。

 このたびの平成30年7月豪雨において、下記の河川では河川改修を実施していたことで浸水被害が解消されるなど、河川改修の効果を発揮しました。

河川名場所事業名過去の浸水被害今回の浸水被害
山国川 [PDFファイル/319KB]

中津市

耶馬溪町大字大島~宮園

床上浸水対策特別緊急事業

H24年7月

床上 121戸 床下 40戸

H30年7月

浸水被害なし

八坂川 [PDFファイル/363KB]

杵築市

大字南杵築~八坂

広域河川改修事業

H9年9月

床上 120戸 床下 226戸

H30年7月

浸水被害なし

 ※なお、本資料は速報値のため今後の調査等によって変更となる可能性があります。


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください