ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 河川課 > 北川ダム(一級河川五ヶ瀬川水系北川)

北川ダム(一級河川五ヶ瀬川水系北川)

印刷用ページを表示する掲載日:2010年3月2日更新
 北川ダムは、北川総合開発事業の一環として、北川・中岳川・市園川の合流点付近、一級河川五ヶ瀬川水系北川の大分県佐伯市宇目南田原地区に、洪水調節と発電を目的に、昭和37年8月に建設された、高さ82m、長さ188.34m、総貯水量4,100万m3の多目的アーチ型コンクリートダムです。
 洪水調節について事業者は大分県、受益者は宮崎県と、県境をまたぎ水系を一本化した総合開発事業により宮崎県北部北川下流域の治水に寄与しています。
 また、ダムで貯水された水は、宮崎県延岡市北川町椎屋地区の北川発電所で、最大出力25,100キロワットの発電を行った後、北川へと放流されます。
北川ダム
  • ダム概要
    右岸 : 佐伯市宇目
    左岸 : 佐伯市宇目
    型式 : アーチ式コンクリートダム
    堤高 : 82.0m
    堤頂長 : 188.3m
    総貯水容量 : 41,000千m3
    有効貯水容量 : 34,700千m3
    洪水調節 : 1,800 → 1,350 m3/s
    竣工 : 昭和37年

容量配分図・洪水調節図・流量配分図

北川ダム洪水調節図

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください