ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 土木建築部 > 建設政策課 > 工事書類の簡素化について

本文

工事書類の簡素化について

印刷ページの表示 ページ番号:0002088661 更新日:2020年3月6日更新

 土木建築部では、建設産業の働き方改革に向け、i-Constructionをはじめとした建設現場の生産性向上に取組んでいるところですが、受注者にとって工事に関する多くの書類作成が大きな負担となっている状況です。

 このため、工事書類作成に係る受注者の負担軽減や、発注者の監督・検査の合理化を図るため、「工事書類簡素化実施要領(案)」を定め、令和元年5月1日より簡素化を実施しているところですが、今回、新たな簡素化事項を追加し、それらをとりまとめた「工事書類簡素化の手引き」を策定しましたのでお知らせします。

 また併せて、工事に係る提出または提示資料を一覧表にした「工事書類一覧表」および各種の「様式」についても策定しましたのでお知らせします。

 受発注者双方が、本手引き等を活用し、工事書類の簡素化に向け、積極的に取り組むようお願いします。

<適用日> 令和2年4月1日以降  (※適用日以前の工事においても対応可能な場合は、適用できるものとする。)

 ・工事書類簡素化実施要領(案) [PDFファイル/54KB]

 ・工事書類簡素化の手引き [PDFファイル/6.09MB]

 ・工事書類一覧表 [PDFファイル/87KB]

 ・工事書類一覧表+様式(エクセルファイル) [Excelファイル/367KB]

 ※要領については、今後も簡素化に向けた検討を行い、適宜更新する予定です。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)