ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 教育委員会 > 教育人事課 > 大分県障がい者活躍推進計画の策定及び障がいのある職員の雇用状況について

本文

大分県障がい者活躍推進計画の策定及び障がいのある職員の雇用状況について

印刷ページの表示 ページ番号:0002095476 更新日:2020年4月1日更新

1 計画の目的

 大分県教育委員会では、令和元年~令和2年を計画期間とする障がい者採用計画を作成し、計画期間の終期までに法定雇用率の達成を目指しているところです。併せて、採用した障がいのある職員の活躍のためには、更なる体制整備や各種取組が必要であり、障がいのある職員が能力を活かし安心して働ける教育委員会を目指し、各種施策を推進するため、「大分県障がい者活躍推進計画(大分県教育委員会版)」を策定しました。 

2 計画期間

 令和2年4月1日~令和7年3月31日(5年間)

3 計画について

計画の概要 [PDFファイル/155KB]

大分県障がい者活躍推進計画 [PDFファイル/172KB]

アンケート結果 [PDFファイル/106KB]

4 大分県教育委員会における障がいのある職員の雇用状況

 障害者の雇用の促進等に関する法律(昭和35年法律第123号)に基づき、令和2年6月1日時点の大分県教育委員会における障がいのある職員の雇用状況について、以下のとおり公表します。

○雇用状況
法定雇用率 法定雇用障がい者数の算定の
基礎となる職員数
障がい者の数 実雇用率 不足数
2.40% 8,539.0人 211人 2.47%

令和2年度障害者任免状況通報書 [PDFファイル/77KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)