ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 農林業における気象災害対策 > 農林業における台風対策マニュアル

農林業における台風対策マニュアル

印刷用ページを表示する掲載日:2018年8月14日更新

生産者のみなさまへ

台風15号が大分県に接近しています。

農業施設、農作物の対策については、以下の台風対策マニュアルを参考にしてください。また、対策にあたっては、人命第一の観点から下記事項に十分ご注意ください。

 1 ほ場の見回り等については、気象情報を十分に確認し、大雨や強風が治まるまでは行わないでください。また、大雨等が治まった後の見回りにおいても、増水した水路その他の危険な場所には近づかず、足下等、ほ場周辺の安全に十分に注意し、転落、滑落事故に遭わないよう慎重に行ってください。

2 記録的な豪雨等の影響により被害を受けた地域においては、引き続き、土砂災害に注意するとともに、異常出水時においては、農作業及び農地・農業用施設の見回りについては気象情報を十分に確認し、これらの状況が治まるまで行わないなど、人命を最優先に行動し、二次災害の防止に努めてください。

3 台風通過後に、暑熱環境下で作業を行う場合は、熱中症対策として、高温下での長時間作業を避け、こまめな水分と塩分の補給や休憩を取るように心掛けてください。特に、高齢者は、のどの渇きや暑さを感じにくく、知らず知らずに熱中症にかかりやすいことから、単独作業にならないように注意してください。

1.水稲・大豆

2.野菜

3.花き

4.果樹

5.畜産

6.林業・シイタケ