ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 別府土木事務所 > 管轄エリア・概要

管轄エリア・概要

印刷用ページを表示する掲載日:2010年3月11日更新

管内の概要

管内の位置図

別府土木事務所は大分県のほぼ中央に位置し、管内は別府市、杵築市、日出町の2市1町からなり、その面積は478.3km2で県全体の約7.5%、人口は約184,000人で県全体の約15.3%です。
管内は、JR日豊線や国道10号などの陸の幹線が縦貫し、また、大分自動車道、宇佐別府道路、日出バイパス、大分空港道路が管内で交差しています。更に、九州の海の玄関口である別府港を擁しています。
管内は、全国有数の温泉地である別府市を擁するとともに、由布鶴見山系の阿蘇くじゅう国立公園、白砂青松の海岸線に象徴される国東半島県立自然公園等、海岸、高原、森林などの自然条件に恵まれていることから、観光・リゾートの拠点であります。

管内図

企画調査課にて、管内図を販売しています(大判:1部、900円)。
必要な方は、電話:0977-67-2821(直通)へご連絡、または直接ご来所ください。
別府土木事務所管内図(平成19年10月現在 [PDFファイル/6.41MB]
※ご利用のインターネット回線によっては、ダウンロードに時間がかかる場合があります。


シンフロについてはここをクリックしてください