ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

主要事業の紹介

印刷用ページを表示する掲載日:2010年3月30日更新

道路・街路事業の紹介

   道路・街路事業

◎道路事業

 1.国道212号 日田山国道路(地域高規格道路 中津日田道路) 

 事業概要
路線・箇所名国道212号 日田山国道路(地域高規格道路 中津日田道路)    
中津市山国町守実~日田市大字三和
事業規模延  長 約8.5km 車道幅員 7.0m 全幅員 12.0m
車線数 2車線(自動車専用道路)
工期着手 平成27年度~
事業効果 中津日田道路は、生活、産業、観光面において活力のある中津日田地域の地域づくりを支援するため、中津港から日田市に至る延長約50kmの地域高規格道路であり、大分自動車道や東九州自動車道と連結し、福岡市や北九州市、大分市などを結ぶ循環型ネットワークを形成する道路です。
 日田山国道路は、災害・冬期・事故等に備えた安全・安心なネットワークの確保、地域産業の活力を支える物流ネットワークの確保、救急医療施設へのアクセス向上、広域観光ルートの形成を図ります。
備考日田山国道路パンフレット [PDFファイル/2.89MB]

 位置図
日田山国道路

 2.国道212号 日田拡幅  

 事業概要
路線・箇所名国道212号 日田拡幅    
日田市大字三和~大字渡里
事業規模延  長 2.85km 車道幅員 13.0m 全幅員 24.0m
車線数 4車線(両側歩道)
工期着手 平成23年度~
事業効果 国道212号は、中津市を起点とし、熊本県阿蘇市に至る生活・産業・観光等を結ぶ重要な幹線道路です。当該区間は、市街地への流入により朝夕に交通混雑が発生しており、4車線化により、交通混雑の解消を図り、物流拠点と日田ICのアクセスを強化します。また、歩道の拡幅により、児童等歩行者の安全性の向上を図ります。
備考 

 位置図
日田拡幅    

 3.国道212号 響峠バイパス

 事業概要
路線・箇所名国道212号 響峠バイパス    
日田市大山町西大山
事業規模延  長 2.4km 車道幅員 6.5m 全幅員 11.25m
車線数 2車線(片側歩道)
工期着手 平成14年度~
事業効果 国道212号は、中津市を起点とし、熊本県阿蘇市に至る生活・産業・観光等を結ぶ重要な幹線道路です。当該区間は、線形不良箇所が多く、また落石もあるため、バイパス工事を行うことで、安全で円滑な交通の確保、災害時の緊急輸送道路として広域交流及び地域活性化に大きく貢献するものです。
備考 

 位置図

響峠バイパス
 航空写真
響峠バイパス2
 ◎交通安全事業  
 国道211号 大鶴工区

 事業概要
路線・箇所名国道211号 大鶴工区    
日田市大字大肥
事業規模延  長 0.8km 車道幅員 6.0m 全幅員 9.75m
車線数 2車線(片側歩道)
工期着手 平成24年度~
事業効果 当該区間は、小中学校の通学路に指定されており、幅員1.5m未満の歩道が設置されているものの、一部では幅員が0.5m程度と非常に狭いため、通学生等が危険な状態におかれています。歩道の整備を行い、児童等の交通弱者の安全性の向上を図ります。
備考 

 位置図

国道211号

 ◎街路事業
 
 都市計画道路 銭渕大宮線(県道小畑日田線) 高瀬工区
 
 事業概要 
路線・箇所名都市計画道路 銭渕大宮線(県道小畑日田線) 高瀬工区                                                   日田市大字高瀬
事業規模延  長 1.1km 車道幅員 6.0m 全幅員 12.0m
車線数 2車線(両側歩道)
工期着手 平成27年度~
事業効果 都市計画道路 銭渕大宮線(県道小畑日田線)は、沿線の小学校、中学校の通学路となっていますが、歩道がない状況で、登下校時には自動車の通行も多く、通学の児童をはじめとした歩行者等が危険な状況です。また、日田市役所と前津江振興局を結ぶ緊急輸送道路となっていますが、車道幅員が十分にとれておらず、自動車の通行も危険な状況です。そのため、歩道、車道の整備により、歩行者、自動車の安全性の向上を図るとともに、緊急輸送道路の整備により、防災機能の向上を図ります。
備考 
         位置図
銭渕大宮線
 現道の状況
      銭渕大宮線

大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください