ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 大分県の統計 > 平成29年度大分県統計グラフコンクール 入選・第3部

平成29年度大分県統計グラフコンクール 入選・第3部

印刷用ページを表示する掲載日:2017年12月22日更新

入選・第3部(小学校5・6年の児童)

第3部入選①

「セミいっぱいとったぞ」

大分市立明野西小学校 5年

田崎 敦也(「崎」は「たつさき」です)

 5年もかけて、毎年セミをたくさん取った上に数を調べている根気に感心しました。つかまえたセミを種類やオスメスに分類して数え、4種類のグラフを使い分けて表していて見やすくしたり画面に変化をつけたり工夫が感じられます。(5)の表ではセミの鳴き声の大きさを身近な例と比べることでセミの声がどれほど大きいかよくわかります。見る人もセミへの興味が出てくるような、楽しい作品ができました。

第3部入選②

「マイバック使ってる?」

大分市立稙田小学校 6年

利光 豪貴

 身近なマイバッグとレジ袋に興味を持ち、自分でお店に行って調べているところがとてもよいです。質問した人数や出典など、もとにしたデータを明記していて調べ方もわかるので参考になります。グラフは内容に合わせて円・帯・折れ線と使い分けていて見やすくなるように考えられています。マイバッグがごみの削減につながることを最後に書いているため、「一人一人のちょっとした努力で環境を大切にできます。」と呼びかけることができています。


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください