ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

情報活用能力の育成

印刷用ページを表示する掲載日:2021年7月2日更新

情報教育(プログラミングを含む)全体計画例・年間指導計画例の公開

今次学習指導要領改訂において、情報活用能力は「学習の基盤となる資質・能力」として位置付けられました。また、令和2年度より、小学校においては、児童がプログラミングを体験しながら論理的思考力を育むための学習活動が位置付けられています。
義務教育課では、平成31年にプログラミング教育の全体計画例及び年間指導計画例を作成・公開していましたが、この度、各学年の発達段階を踏まえ、教育課程全体で情報活用能力を育成するための計画例(小学校)を作成しましたので公開します。情報活用能力を育成する教科等横断的な教育課程の編成イメージ

情報教育(プログラミングを含む)に関する指導資料

  • 掲載内容

情報教育全体計画例
情報教育年間指導計画例(低学年)
情報教育年間指導計画例(中学年)
情報教育年間指導計画例(高学年)
情報活用能力系統表 低学年・中学年
情報活用能力系統表 高学年・中学校
情報活用能力を育成する教科等横断的な教育課程の編成

 

文部科学省

教育の情報化に関する手引-追補版-(令和2年6月)

令和2年6月に公表された、教育の情報化に関する手引の追補版です。
ご一読いただき、今後の取り組みの参考にしてください。

「教育の情報化に関する手引-追補版-(令和2年6月)」

学習の基盤となる資質・能力としての情報活用能力の育成

リーフレットのイメージ情報活用能力を体系的な整理とその活用事例、カリキュラム・マネジメントモデルのモデルをまとめたリーフレットが公開されていますので参考にしてください。

学習の基盤となる資質・能力としての情報活用能力の育成 <体系表例とカリキュラム・マネジメントモデルの活用>

 

  • 参考

上記リーフレットは、文部科学省の次世代の教育情報化推進事業「情報教育の推進等に関する調査研究」で作成された成果物です。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)