ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 大分県精神保健福祉センター > ひきこもり相談・支援関連情報

ひきこもり相談・支援関連情報

印刷用ページを表示する掲載日:2019年3月29日更新

ひきこもりとは、ある程度の期間、学校や職場に行かず、家族以外との親密な対人関係が持てない状態が続いている場合をいいます。
中でも、精神疾患がその主な原因とは考えにくい場合を「社会的ひきこもり」といいます。
統合失調症や躁うつ病等の精神疾患であれば、医療機関での治療が優先されます。

◆ひきこもりに関する相談

精神保健福祉相談の一環として、ご本人やご家族からのひきこもりに関する相談に応じています。
多くの場合、ご家族のご相談から始まります。まずは下記「予約・相談電話」にお電話ください。
お困りごとに応じて、県内の相談先や親の会、当センターの来所相談をご案内することもあります。
来所相談は予約制、利用料は無料です。
ただし、精神科医師が診療した場合は診療報酬上の料金が必要です。

リーフレット                      リーフレット裏

外に出ることがつらくなったら…(表) [PDFファイル/1.32MB]   外に出ることがつらくなったら…(裏) [PDFファイル/1.07MB]

◆ひきこもり等自助グループ「フリーダム」

ニート、ひきこもりの状態にある方が運営している集いの場で月1回開催しています。
当センター職員がサポーターとして一緒に活動しています。
安心してご参加いただくために、初めてご参加の方は、事前に当センター職員との面談を行います。
まずは下記「予約・相談電話」にお電話ください。

メンバーが力を合わせて、「フリーダム」紹介チラシをリニューアルしました。ぜひご覧ください。

ひきこもり等自助グループフリーダムのチラシです

ひきこもり等自助グループ「フリーダム」のご案内(チラシ) [PDFファイル/268KB]

◆精神科デイケア「Re☆スタート応援プログラム」

精神科デイケアでは、精神科治療の一環として、服薬治療だけでは改善しにくい症状や障がい、1人1人の特性に応じて、様々な角度からリハビリテーションを行っていきます。

上記に関するお問い合わせは「予約・相談電話」(097-541-6290)へどうぞ
受付時間:8時30分~12時、13時~17時(平日、月~金)

支援者の方へ

1.大分県ひきこもり支援対応マニュアル  
  様々なひきこもり状態の方に対応するための基本知識と対応の原則を記載したマニュアルを作成しました。
  資料はダウンロードし、そのままご活用いただけます。

大分県ひきこもり支援対応マニュアルの写真です

大分県ひきこもり支援対応マニュアル [PDFファイル/6.55MB]

2.資料

ひきこもりの評価・支援に関するガイドライン(厚生労働省) 

ひきこもり支援者読本(内閣府子ども若者・子育て施策総合推進室)

「ひきこもりかな?」と思ったら~ご家族・ご本人のためのパンフレット~(厚生労働省)


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください