ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 大分県竹田土木事務所 > 道路に係る主要事業

本文

道路に係る主要事業

印刷ページの表示 ページ番号:0001001542 更新日:2018年7月26日更新

ここでは、竹田土木事務所の主な道路事業を紹介します。

【掲載内容】

1 道路改良事業

2 交通安全事業

3 維持補修事業

国道442号(久住拡幅2)

事業概要 線形不良箇所の解消による走行快適性及び交通安全性の向上と、観光施設へのアクセス強化によるツーリズム振興を目的として、平成26年度に着手した道路事業です。
延長L=1.98km うちL=0.32km供用済(H29)
道路構成片側1車線
幅員W=6.0(7.5)m
事業年度平成26年度から
 

路肩狭小 

国道442号

事業着手前の状況

平成29年度供用区間

このページの先頭へ

竹田直入線(鏡工区)

事業概要 中九州横断道路の竹田インターチェンジと接続し、竹田市の高速交通の玄関となる重要な路線で、高速交通体系に対応するため、平成19年度に着手した道路事業です。平成30年度に完成予定です。完成イメージ
延長L=510m  うちL=0.10km供用済(H29)
道路構成片側1車線、片側歩道
幅員W=6.0(9.75)m
事業年度平成19年度から完成イメージCG

このページの先頭へ

庄内久住線(久住工区)

事業概要 線形不良箇所の解消と歩道空間の確保による走行快適性及び交通安全性の向上、及び国道442号バイパスへの接続による竹田道路交通網の強化ため、平成25年度に着手した道路事業です。完成イメージ
延長L=830m
道路構成片側1車線、片側歩道
幅員W=6.0(9.75)m
事業年度平成25年度から完成イメージCG

このページの先頭へ

交通安全事業

庄内久住線(仏原工区)

事業概要

 歩道整備により、直入小学校の通学児童等歩行者の安全・安心な通行空間を確保する事業です。
延長L=1,000m
道路構成片側1車線、片側歩道
幅員W=6.0(9.75)m
事業年度平成25年度から
 

庄内久住線写真 

庄内久住線写真
事業着手前の状況

このページの先頭へ

維持補修事業

道路環境整備事業(道路維持補修業務)

事業概要 大分県が管理する国道、県道について、快適な通行空間を確保するために、草刈りや側溝清掃等の簡易的な維持管理を行う事業です。草刈り状況の写真です
事業範囲管内の国道及び県道の全区間(国道57号を除く)
業務内容路肩部の草刈り(年2回)、側溝・暗渠等の清掃、崩土・倒木等の除去、除雪・塩カリ散布 等.Etc

草刈り状況写真(草刈りは盆前・秋口の年2回実施)

このページの先頭へ

舗装補修事業

事業概要 老朽化等の原因で、ひび割れや段差、ポットホール(小さな穴)等が発生し、車両の走行性が著しく低下した舗装路面について、アスファルト合材等で補修を行う事業です。舗装補修状況の写真です

舗装(アスファルト)の補修状況写真

このページの先頭へ

その他

交通安全事業

事業概要 車両や歩行者の安全な通行を確保するため、ガードレールやカーブミラー等の安全施設の設置や補修を行う事業です。ガードレールの設置状況写真です
事業内容・転落危険箇所に防護柵の設置
・カーブ等の視距不良箇所にカーブミラーの設置
・区画線(白線)の引き直し、新設
・道路の案内標識の設置 等.etc

ガードレールの設置状況写真

このページの先頭へ

側溝整備事業

事業概要 路肩部や法尻部に側溝等が設置されていない箇所や、側溝の大きさが小さく、雨水等の道路排水が適切に処理されていない箇所について、側溝の新設等を行い適切な道路排水の処理を図る事業です。側溝の設置状況写真です

側溝の設置状況写真

このページの先頭へ