ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 商工観光労働部 > DX推進課 > 「施策デザイン手順書」について

本文

「施策デザイン手順書」について

印刷ページの表示 ページ番号:0002150965 更新日:2021年8月4日更新

大分県のDX推進については、「県民(=ユーザー)の声にしっかり耳を傾け、県民目線で将来のありたい姿(=ビジョン)を描き、ビジョン実現に向けて、行政サービスや施策、組織を変革していくことを進める」という、県民中心のDXに取り組むこととしています。

令和3年6月14日、県としてDXに全庁を挙げて取り組むべく、知事(CXO:最高変革責任者、最高顧客体験責任者)をトップとした全庁組織「大分県DX推進本部会議」を設置しました。

●参考:本県DXの推進について(県庁ホームページ)●

https://www.pref.oita.jp/soshiki/14280/oita-dx.html

 

このたび、県民(=ユーザー)の視点に立った施策を検討、推進するための心得「デザインシンキング」について、デザインシンキングによる施策検討のガイドラインとなる「施策デザイン手順書」を、県庁職員向けに以下のとおり作成いたしましたので参考にお知らせします。

施策デザイン手順書 [PDFファイル/3.28MB]

(大分県オープンデータカタログサイト)パワーポイント形式でのダウンロードは↓

https://data.bodik.jp/dataset/440001_designguide

 

■施策デザイン手順書へのご意見はこちらへ↓(簡易申請システム)■

https://www.egov-oita.pref.oita.jp/Z8e4VK0z

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)