ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

商店街支援について

印刷ページの表示 ページ番号:0002229661 更新日:2024年5月23日更新

新着情報・お知らせ

R6年5月23日 商店街等にて地域課題や社会課題を解決するアイデアを募集しています!(7月5日締切)

【県】事業情報

地域商業活性化マッチング支援事業

商店街等のフィールドを活用し地域課題や社会課題を解決するアイデア(企画)を持つ民間事業者等とそのアイデアに連携して取り組みたい商店街等をマッチングすることにより、
商店街等の地域コミュニティとしての機能を維持・活性化するとともに、商店街等に新しい価値を創出することを目指します。

 

地域商業活性化支援事業費補助金

地域商業の持続的発展を図るため、中小商業者グループ等による地域コミュニティ機能の活性化に向けた取組を支援します。

 

豊の国商人塾 (大分県商店街振興組合連合会主催)

21世紀の地域基幹産業としての商業・流通・情報等第三次産業のリーダーとなり得る視野の広いスケールの大きな主導的人材(=商人)を育成することを目的に人材育成研修を実施しています。

 

【国】事業情報

地域商業機能複合化推進事業(地域の持続的発展のための中小商業者等の機能活性化事業)

中小商業者等のグループが、商店街等において、来街者の消費動向等の調査分析や新たな需要の創出につながる魅力的な機能の導入等を行い、最適なテナントミックスの実現に向けた仕組みづくり等に取り組む実証事業を、地方公共団体が支援する場合に、国がその費用の一部を補助します。

 

面的地域価値の向上・消費創出事業

コロナ禍による来街者ニーズの多様化や、足元の円安メリットを活かしたインバウンドの回復等が期待される中、商店街等が自らの魅力・地域資源等を用いて実施する滞留・交流空間整備や消費創出事業等を支援します。 その際、地域活性化等の知見を有する専門家が伴走し、事業実施中における定期的な効果測定及びそれに基づくアドバイス等を重ねることで、地域の面的な「稼ぐ力」の向上に繋げます。

 

「商店街X(エックス)プロジェクト」

新しい商店街のあり方の再検討や、その実現のための一歩目となる取り組み(事業)企画を進めるため、独立行政法人工業所有権情報・研修館(INPIT)と連携しながら、専門家を派遣し計4回のワークショップ運営を支援させていただきます。
午前中の講師による講演部分についてはオンライン聴講が可能です(第1回締切:10月5日(木)12時)。

 

「商店街NEXTリーダーズミーティング」

客観的な視点や仲間づくり・価値創造のアイデアを得る場、商店街等と共存共栄の関係にある「内なる実践者(商店街NEXTリーダー)」同士のネットワーク形成支援の場として九州各地で活躍する「内なる実践者」との交流と「実践現場」の体験を1日で行うイベントを開催します。

 

商店街実態調査

大分県では毎年1回、中小企業庁では3年に1回、商店街実態調査を実施しております。とりまとめ結果は下記からご確認ください。

商店街実態調査

 

関連リンク

 

全国商店街組合連合会

大分県商店街振興組合連合会

中心市街地活性化協議会支援センター

はばたく商店街30選 2021