ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > おおいた防災ポータル > 大分県災害対策会議 復旧・復興推進計画(令和2年7月豪雨)

大分県災害対策会議 復旧・復興推進計画(令和2年7月豪雨)

印刷用ページを表示する掲載日:2020年8月27日更新

 令和2年7月6日からの記録的な豪雨により、日田市、由布市、九重町、玖珠町を中心として、河川の氾濫や土砂崩れなどが発生し、甚大な被害を受けました。

 復旧・復興に向け、県では知事や副知事、関係部局長全員からなる災害対策会議を立ち上げ、今後の取組方針などを協議してまいりました。去る7月17日、8月7日には、被災市町を訪問して市町長や副市町長、関係部局長・課長等を交えた大分県現地災害対策会議を開催し、被害状況や復旧・復興に向けた課題、要望などを直接、お聞きするなど、関係者一丸となって進めてきたところです。

 被災市町との協議結果も踏まえ、今般、本格的な復旧・復興に向けた具体的な取組を「大分県 復旧・復興推進計画」として特に甚大な被害を受けた4つの市町別に取りまとめました。

 今後は、この計画に基づき、被災市町とも緊密な連携をとり、スピード感をもって復旧・復興を進めます。


   令和2年度 8月補正予算(専決)、9月補正予算案については、こちらをご覧ください。

<8月補正予算(専決)> <9月補正予算案>