ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ >   > 農業参入にあたっての総合支援

本文

農業参入にあたっての総合支援

印刷ページの表示 ページ番号:0002028762 更新日:2020年1月7日更新

Step 1  『参入相談』

「どこで、どんな作物を作るか。」「将来、どのような農業経営を行うか。」など、目指す農業の姿をしっかりと描くことが重要です。
大分県では、参入プランの作成をサポートします。

 例
  (1)参入目的を明確にする
  (2)栽培品目の決定
  (3)参入地域をどこにするか
  (4)事業・資金繰り計画作成

まずは、お気軽にご相談ください。

Step 2  『農地の確保』

大分県では、参入企業のニーズに応じて、農地をオーダーメイド方式で集約します。
市町村等と連携し、農地確保をサポートします。
栽培する品目にあっているか、現地視察を行い、立地、日照、土質等の確認を行うことをおすすめしています。

※農地の売買または賃借には、契約を結ぶだけでなく、農地に関する法律に基づく許可が必要です。

Step 3  『法人設立』

企業が農地を所有する場合、「農地所有適格法人」を設立する必要があります。
一方で、一定の要件を満たせば、一般法人でも農地を賃借し、農業参入が可能です。

Step 4  『生産技術の習得』

農業は自然を相手にした営みです。
経験豊かな農家でも、自然災害や栽培管理上の思わぬ事故などで大きな損害を受けることがあります。
大分県では、農業技術習得のための研修制度を準備しています。

Step 5  『施設等の準備』

農業生産を始めるためには、施設、機械などの設備投資が必要となります。
大分県では、国庫事業のほか独自の補助事業も含めて農業参入を支援します。

Step 6  『農業経営の開始』

大分県では、農業普及指導員200名をはじめとするスタッフが、栽培技術指導など農業経営の確立をバックアップいたします。