ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 建築士法 > 大分県二級建築士及び木造建築士の懲戒処分の基準

大分県二級建築士及び木造建築士の懲戒処分の基準

印刷用ページを表示する掲載日:2017年10月2日更新
 本県では、二級建築士及び木造建築士の業務の適正を確保することを目的とし、建築士法(昭和25年法律第202号)第10条第1項の規定に基づく懲戒処分を行う場合の基準を定めているところですが、平成29年6月1日に一級建築士(国土交通大臣免許)の懲戒処分の基準が一部改正されたことから、県が所管する二級建築士及び木造建築士の懲戒処分の基準についても一部改正することとしました。

施行日

       平成29年10月2日

処分基準


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください