ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 砂防課 > 土砂災害防止法に基づく基礎調査実施予定箇所

土砂災害防止法に基づく基礎調査実施予定箇所

印刷用ページを表示する掲載日:2015年7月1日更新

『土砂災害防止法に基づく基礎調査実施予定箇所』

基礎調査実施箇所の選定について

大分県では、人家戸数が多い自治会や災害時要援護者関連施設が立地している危険箇所、開発動向の強い箇所などから順次基礎調査を実施し、土地の利用規制や警戒避難体制の整備を進めています。

この基礎調査の際には、斜面や渓流の現地調査を実施します。その際、概ね下図に示す範囲のほか、周辺地域の土地に立ち入ることがあります。

調査へのご理解とご協力をお願いします。

なお、この調査のを行う調査員は大分県知事が発行する身分証明書を携帯しておりますが、ご不明な点がございましたら管轄土木事務所に連絡下さいますようお願いします。

基礎調査立入り範囲

基礎調査実施予定箇所

基礎調査を実施する時期などの詳細は、調査対象自治会の回覧等でお知らせします。
詳しい内容については、調査対象範囲を所管する県内各土木事務所へお問い合わせ下さい。

下記の提供システムより確認出来ます

 土砂災害危険箇所情報インターネット提供システム


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください