ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 砂防課 > 鶴見岳・伽藍岳火山噴火緊急減災対策砂防計画の策定

鶴見岳・伽藍岳火山噴火緊急減災対策砂防計画の策定

印刷用ページを表示する掲載日:2017年1月12日更新

鶴見岳・伽藍岳火山噴火緊急減災対策砂防計画

計画策定の目的

 平成19年度に国土交通省から「火山噴火緊急減災対策砂防計画ガイドライン」が示され、鶴見岳・伽藍岳を含む全国29活火山が減災計画を策定する火山として選定されました。
 「鶴見岳・伽藍岳火山噴火緊急減災対策砂防計画」は、規模や発生時期の特定の予測が難しい火山噴火に伴い発生する土砂災害に対して、ハード対策とソフト対策からなる緊急対策を迅速かつ効果的に実施し、被害をできる限り軽減(減災)することを目的としています。

これまでの経緯

 平成25年度より「鶴見岳・伽藍岳火山噴火緊急減災対策砂防計画委員会」を設置し検討を進めてきました。委員会は学識経験者、関係行政部局の27名で構成され、4回の委員会を経て計画が承認されました。

ダウンロード

 計画の概要を記載した「本編」と、計画策定の経緯や噴火シナリオ、被害想定などを記載した「共通編」のダウンロードができます。

■「本編」全体版

本編全体版 [PDFファイル/5.39MB]

■「本編」分割版

本編(1)(表紙・目次) [PDFファイル/42KB]

本編(2)計画策定の目的、計画の構成、現状の把握 [PDFファイル/5.43MB]

本編(3)噴火シナリオの作成、想定される影響範囲と被害の把握 [PDFファイル/7.0MB]

本編(4)対策方針、緊急ハード対策、緊急ソフト対策、平常時からの準備事項 [PDFファイル/2.0MB]

■緊急減災マップ(案)(全体版)

緊急減災マップ(案)(全体版) [PDFファイル/399KB]


■「共通編」分割版

 表紙・目次

 共通編(1)(表紙・目次・図表目次) [PDFファイル/3.32MB]

 第1章 火山噴火緊急減災対策砂防計画策定の経緯

 共通編(2) 1章 計画策定の経緯 [PDFファイル/534KB]

 第2章 鶴見岳・伽藍岳周辺の概要

 共通編(3) 2章-1 自然特性 [PDFファイル/6.37MB]

 共通編(4) 2章-2 社会特性 [PDFファイル/4.42MB]

 共通編(5) 2章-3 防災特性(災害特性) [PDFファイル/5.88MB]

 共通編(6) 2章-3 防災特性(避難施設) [PDFファイル/3.0MB]

 共通編(7) 2章-3 防災特性(行政機関等) [PDFファイル/7.0MB]

 第3章 鶴見岳・伽藍岳における火山防災事業の現状

 共通編(8) 3章-1 火山防災マップの整備状況 [PDFファイル/2.48MB]

 共通編(9) 3章-2 砂防及び治山事業による施設整備状況 [PDFファイル/3.92MB]

 共通編(10) 3章-3 火山監視観測機器の整備状況 [PDFファイル/1.75MB]

 共通編(11) 3章-4 大分県における監視観測機器等の整備状況 [PDFファイル/1.81MB]

 第4章 鶴見岳・伽藍岳で想定される土砂移動現象

 共通編(12) 4章-1 鶴見岳・伽藍岳における噴火の特徴 [PDFファイル/2.78MB]

 共通編(13) 4章-2-1 鶴見岳・伽藍岳における噴火シナリオ(想定火口位置) [PDFファイル/316KB]

 共通編(14) 4章2-2 鶴見岳・伽藍岳における噴火シナリオ(想定されるシナリオ時系列) [PDFファイル/248KB]

 共通編(15) 4章2-3 鶴見岳・伽藍岳における噴火シナリオ(緊急減災対策で対象とする土砂移動現象) [PDFファイル/214KB]

 共通編(16) 4章2-4 鶴見岳・伽藍岳における噴火シナリオ(土砂移動現象の規模) [PDFファイル/1.0MB]

 共通編(17) 4章2-5 鶴見岳・伽藍岳における噴火シナリオ(想定される土砂移動現象の影響範囲-1) [PDFファイル/8.0MB]

 共通編(18) 4章2-5 鶴見岳・伽藍岳における噴火シナリオ(想定される土砂移動現象の影響範囲-2) [PDFファイル/8.0MB]

 共通編(19) 4章2-5 鶴見岳・伽藍岳における噴火シナリオ(想定される土砂移動現象の影響範囲-3) [PDFファイル/5.0MB]

 第5章 用語説明 

 共通編(20) 5章 用語説明 [PDFファイル/2.0MB]


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください