ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > おおいたの労働 > 労働相談

本文

労働相談

印刷ページの表示 ページ番号:0002119789 更新日:2022年9月29日更新
労働条件やハラスメントなど、職場でわからないことや困っていることはありませんか?
大分県労政・相談情報センターにご相談ください。

大分県労政・相談情報センターについて

 大分県労政・相談情報センターは、働く現場でのトラブルが合理的に、円満に解決されるよう、中立的な立場で問題点を整理し、対応策等をアドバイスします。
 労働者、使用者双方の相談に応じます。
 予約不要・秘密厳守・相談無料です!

労働相談の事例

・賃金や労働時間、有給休暇など労働条件がわからない。
・残業代が出ない。
・休暇や休憩時間がとれない。
・退職を申し出ても退職させてくれない。
・理由もなく解雇された。
・ハラスメントを受けている。

働く現場で、わからないこと、困ったことがありましたら、まずご相談ください。

相談方法・お問合せ先

来所相談  労政・相談情報センターまでお越しください。
      大分県庁本館7階 商工観光労働部雇用労働政策課内(大分市大手町3丁目1ー1)

電話相談  固定電話から     0120-601-540
      スマホ・携帯電話から 097-532-3040

お問合せ先  097-532-3040

通常労働相談

一般労働相談

労働に関するトラブルの解決に向け、労政・相談情報センター職員がアドバイスします。
相 談 日 月~金曜日(土日祝日及び12月29日~1月3日はお休みです。)
相談時間 8時30分~17時15分      

出張労働相談

県内各地で労働相談会を実施します。会場での相談の他、電話でも相談できます。
(電話)097-532-3040

巡回特別労働相談

毎月1回県内を巡回して行う出張相談会です。弁護士に相談することもできます。日程、会場等は下記をご覧ください。

労働なんでも相談

労政・相談情報センター職員が県内を巡回し、労働相談会を行います。

【10月実施予定】(10月は県東部地域に出張します)

《日出会場》
 日 時:10月13日(木曜日)11時00分 ~ 15時00分
 場 所:日出町中央公民館 1階第1・第2小会議室

《杵築会場》
 日 時:10月17日(月曜日)11時00分 ~ 15時00分
 場 所:杵築市役所 本庁舎1階第1会議室

※別府市では、10月20日(木曜日)に別府市役所にて出張労働相談(巡回特別労働相談)を実施します。

 

集中労働相談会

 県では、企業や社会の持続的な発展のため、労働生産性の向上と誰もがいきいきと安心して働ける職場環境を整えていく「おおいた働き方改革」を推進しています。

 労働者や事業主の方、フリーランスの方など県民の皆様からのご相談を、通常の開所時間を拡大して、週末や平日夜間20時までお受けしますので、お気軽にご相談ください。
 詳しくは、(電話)097-532-3040へお問い合わせください。

 ※現在日程を調整中ですので、今後の相談日程が決定しましたらこちらに掲載します。
  次回は11月を予定しています。

 

メール労働相談

 当センターでは電話または来所による相談を原則としていますが、時間やその他の都合で前述の相談ができない場合に、メール相談をお受けします。
 下記の入力フォームにて、注意事項に同意の上、必要事項を入力してください。
 なお、注意事項は次のとおりです。

【注意事項】
1.ご相談は、大分県内に在住または在勤の方に限ります。
2.メールによる相談は日本語によるものとし、1事案につき1回限りとします。回答に対するご質問など、継続となるご相談は電話または来所にてお願いします。
3.1週間(5開庁日)程度を目途に回答しますが、受付の状況や休日等により2週間程度のお時間をいただく場合があります。お急ぎの相談や個別具体的な回答をご希望される場合は、電話または来所にてご相談ください。
4.相談の内容により回答できない場合があります。また、ご相談をいただいたメールの内容だけでは判断できないこともありますので、電話での問い合わせをご了解をいただいた相談者の方には、必要に応じてこちらから電話で詳細をお尋ねさせていただきます。なお、ご了解をいただけない場合、ご相談をいただいたメールの内容から分かる範囲で回答しますので、詳細な内容を伺った場合と回答(ご案内する内容)が異なることがあります。
5.メール相談の回答の無断転載、流用は固く禁じます。
6.メール相談を受付後、ご記載のメールアドレスに自動到達確認メールが送信されます。メールを拒否する設定やメールアドレス誤りなどによりメールが届かない場合がありますので、3開庁日程度過ぎても到達確認メールのない場合は、ドメイン拒否指定の設定やアドレスをご確認の上、再度メールをいただくか、電話でお問い合わせください。

 メール相談入力フォーム

その他

新型コロナウイルス感染症の拡大の影響による労働相談事例

・経営不振から一方的に賃金が減額された。
・会社が休業することになったが、休業手当が支給されない。
・経営の悪化を理由に解雇されたが、解雇理由を「一身上の都合」と自己都合にされた。
・一部の労働者だけに退職を迫っている。
・採用内定を取り消された。
・採用時期を先延ばしされた。
新型コロナウイルス感染症の感染拡大に対応した、国、県等の各種支援策もあります。
お困りのことがありましたら、ご相談ください。

新型コロナウイルスに関するお知らせ 

 各種支援など県からのお知らせです。(大分県HP)

職場で新型コロナウイルスに感染した方へ 

 業務によって感染した場合、労災保険給付の対象となります。

 ※労災保険給付には請求期限がありますので、ご注意ください。

  →各種給付の請求期限(厚生労働省HP)          

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金について

   新型コロナウイルス感染症及びそのまん延防止の措置の影響により休業させられた中小企業の労働者のうち、休業中に賃金(休業手当)を受けることができなかった方に対して、当該労働者の申請により、新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金をが支給されます。
 新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金のページ(厚生労働省HPリンク) 
お問い合わせ先
新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金コールセンター
電話 0120-221-276(月~金 8時30分~20時00分  土日祝 8時30分~17時15分)

新型コロナウイルスに関するQ&A(労働者の方向け)

厚生労働省のHPです。

これだけは知っておきたいポイント労働法

労働法のエッセンスをまとめました。職場での疑問があったら、まずご確認ください。 →こちらへ

相談事例

職場で困ったことはありませんか?労政・相談情報センターに寄せられた相談事例をご紹介します。 →こちらへ

学生アルバイトの皆さんへ

雇われて賃金が支払われている人はすべて労働者で労働法の対象です。
学生アルバイトの皆さんも労働法で守られます。アルバイトのことで悩んでいる学生の方はご相談ください。

学生アルバイトのためのワークルールQ&A

労働相談状況(労政・相談情報センター)

労政・相談情報センターの労働相談状況です。 →こちらへ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)