大分県トップページ > 大分県議会 > 議会フォトアルバム(令和2年度分)

議会フォトアルバム(令和2年度分)

印刷用ページを表示する 更新日:2020年7月31日更新

令和2年7月豪雨に関する知事への緊急要請

【令和2年7月27日(月曜日)  場所:県庁第一応接室】
 県議会では、県内に甚大な被害をもたらした令和2年7月豪雨に関して、被災された方々の生活再建や産業とそれを支える基盤の早期復旧・復興のため、緊急に必要な事項について、広瀬知事に要請を行いました。当日は、麻生議長、嶋副議長、井上議会運営委員長、各常任委員長が出席し、広瀬知事に要請書を手渡しました。
 要請事項は、公共土木施設等の早期復旧、住宅確保への支援、JR久大本線の早期復旧の推進、災害廃棄物の処理、中小企業等への支援、観光産業の早期復興の6項目からなるものです。
 広瀬知事からは、要請事項ごとに対応状況等の説明があり、まずは緊急の対応を行ったうえで、国の支援も受けながら本格的な復興に取り組むとのことでした。 

災害知事要望  災害知事要望

令和2年7月豪雨災害に関する緊急要請 [PDFファイル/61KB]

第3回・第4回大分県議会災害・危機管理対策連絡協議会

【令和2年7月17日(金曜日)、7月22日(水曜日)  場所:県議会第3委員会室】
   令和2年7月豪雨災害に関する協議を行うため、7月17日に第3回、7月22日に第4回の大分県議会災害・危機管理対策連絡協議会を開催しました。
 第3回協議会では豪雨による被害が特に甚大であった日田市、由布市選出議員から両市内の被害状況や喫緊の課題について、また現地調査を行った麻生議長から玖珠郡内の状況を中心に報告があり、これを受けて、議会から知事に対して緊急要請を行うこと、そのために各常任委員会活動を通じて課題のとりまとめを行うことを確認しました。
 第4回協議会では被害の詳細や対応状況について執行部の説明を受け、質疑を行いました。また、議会からの緊急要請を早急に行うことを決め、要請案について協議を行いました。

 危機管理対策協議会 0717  災害・危機管理対策協議会 0722                                                             

台北駐福岡経済文化弁事処 陳処長の表敬訪問

【令和2年7月7日(火曜日)  場所:県庁第一応接室】
  台北駐福岡経済文化弁事処の陳処長が議長を表敬訪問されました。
  陳処長からは、第2回定例会で「台湾のWHO年次総会へのオブザーバー参加に向けた取組を求める意見書」等を可決したことについて、お礼の言葉がありました。麻生議長は、「非常に大事な問題なので、皆さんにご協力いただき、全会一致で可決しました。」と述べました。
  また、知事表敬訪問では、5月にマスク1万枚を本県に寄贈いただいたことに対し、知事から「マスクは有効に活用させていただきました。台湾のコロナウイルス対策を我々も見習っていきます。」と感謝の言葉がありました。

 台湾  台湾

台湾  台湾

大分県議会では、本会議の模様を生中継や録画中継により配信しております。ぜひ、ご覧ください。