大分県トップページ > 大分県議会 > 議長・副議長あいさつ

議長・副議長あいさつ

印刷用ページを表示する 更新日:2017年4月13日更新

議長就任あいさつ

平成29年第1回定例会閉会日の3月29日に議長選挙が行われ、井上伸史議長が選任されました。

第72代議長  井上 伸史

井上   このたび、第72代大分県議会議長に就任いたしました日田市選出の井上伸史でございます。
  議長としての責任の重さにあらためて身の引き締まる思いであり、県民の皆様の御期待に添うべく、精一杯頑張っていきたいと考えております。
 さて、本県では、県民とともに築く「安心・活力・発展」の大分県を目指して各種の施策に取り組んでいます。こうした中、少子高齢化と人口減少の進行、大規模災害への備え、農林水産業の担い手不足など喫緊の課題が山積しています。中でも、最重要課題は、少子高齢化と人口減少です。私は、都市部と地方、あるいは地域どうしが連携を深め、互いに補い合い、魅力を高め合うことが、活力ある大分県づくりのために重要と考えています。「大分県に戻りたい。大分県に住みたい。大分県の発展のために頑張ってみたい。」という方々の気持ちをしっかりと受け止め、住みやすい環境づくりにつなげていく必要があります。
 また、大分県は、四季折々の豊かな自然、歴史文化遺産にも恵まれ、個性的で魅力にあふれた地域が数多くあります。これらの地域の魅力にさらに磨きをかけ、広域交通ネットワークの整備にもしっかりと取り組んでいくことで、大分県に人を呼び込む流れも生まれてきます。平成30年には国民文化祭、全国障害者芸術・文化祭、平成31年にはラグビーワールドカップTMが本県で開催されます。こうした絶好の機会を逃すことなく、地域の発展につなげていくことが大切です。
 大分県議会としましては、地域の代表として常に県民の視点に立ち、各種の施策について執行部と活発に議論するとともに、積極的に政策提言も行って、県民生活の向上に取り組んでまいります。
 今後とも、円滑な議会運営に努め、県議会の活性化、さらには大分県の発展のため、全力を傾注してまいる所存でありますので、県民の皆様のご理解とご協力を心からお願い申し上げます。
 

 

副議長就任あいさつ

平成29年第1回定例会閉会日の3月29日に副議長選挙が行われ、御手洗吉生副議長が選任されました。

第97代副議長  御手洗 吉生

御手洗吉生   

   このたび、第97代大分県議会副議長に就任いたしました、佐伯市選出の御手洗吉生でございます。
 副議長という大役を仰せつかり、このうえない光栄でありますとともに、身の引き締まる思いです。
 少子高齢化が進み本格的な人口減少社会を迎える中で、子どもを生み育てやすい環境をどう整えていくかなど、県政は多くの課題を抱えておりますが、県民の皆様の負託に応えるため、議長の補佐役として、課題解決と開かれた県議会づくりに全力で取り組む所存であります。
 東日本大震災から6年が経過しましたが、まだまだ対策が必要だと感じております。地震をはじめとする自然災害は、予測が困難でありますから、いつ災害が起こっても大丈夫なよう、防災・減災に向けた事前の対策が必要です。
 とりわけ、今後30年のうちに70%程度の高い確率で、南海トラフ巨大地震が発生すると予想されています。特に、大分県は海岸から山間部まで多種多様な自然を有しておりますので、様々な角度から対策の検討が必要であります。議員や執行部の皆さんをはじめ、県民の皆様とともに安心できる大分県をつくっていければと考えております。
 終わりになりましたが、今後の皆様のご指導・ご協力を心からお願い申し上げまして、就任のあいさつとさせていただきます。
 どうぞよろしくお願いします。

                     
大分県議会では、本会議の模様を生中継や録画中継により配信しております。ぜひ、ご覧ください。