大分県トップページ > 大分県議会 > 議長・副議長あいさつ

議長・副議長あいさつ

印刷用ページを表示する 更新日:2019年6月3日更新

議長就任あいさつ

令和元年第1回臨時会開会日の5月15日に議長選挙が行われ、麻生栄作議長が選任されました。

第73代議長  麻生 栄作

麻生      このたび、第73代大分県議会議長に就任いたしました大分市選出の麻生栄作でございます。
  令和最初の議長であり、私にとりましては誠に身に余る光栄であり、その使命と職責の重大さを痛感しております。
  本県は、人口減少に歯止めをかけること、地方創生が課題となっております。本年秋にはラグビーワールドカップが開催され、本県の魅力を全世界に情報発信する絶好の機会となりますが、ラグビーワールドカップの開催をひとつのレガシーとして残していく必要があります。本県に暮らす県民、本県を訪れる方、皆様にとって明るく元気な大分県にしていかなければなりません。
 県議会といたしましては、これまでいろんな政策的議員提案条例を制定しております。これまで制定した条例が機能し、成果を出しているか検証していくことが必要です。県議会の取組を見える化し、県民の皆様と一体となって主体的・能動的に共に取り組む仕組みづくりに努めてまいります。
 また、執行部と県議会は「車の両輪」であります。県議会には、チェック機能・監視機能を高めていくことが求められます。議員一人ひとりが、それぞれの現場の声をしっかりと吸収し、視点を変えてチェックして行く必要があります。県議会は、こうした県民の目線で執行部の施策を厳正にチェックするとともに、積極的な政策提言などを行いながら、県勢の発展、地方創生に全力を尽くしていかなければなりません。国や執行部との連携はもちろん、市町村との連携も図りながら取り組んでまいります。そして、地方創生等の全国共通の課題につきましては、同じ課題を抱える他県とも連携して、関係機関への働きかけも積極的に行ってまいりたいと考えています。
 結びに、円滑な議会運営に努めることはもとより、県民の笑顔あふれる元気な大分県の発展のため、誠心誠意努力してまいる所存でありますので、県民の皆様の御理解と御協力を心からお願い申し上げます。  

 

副議長就任あいさつ

令和元年第1回臨時会開会日の5月15日に副議長選挙が行われ、土居昌弘副議長が選任されました。

 

第99代副議長  土居 昌弘

土居     このたび、第99代大分県議会副議長に就任いたしました竹田市選出の土居昌弘です。
 副議長という大役を仰せつかり、この上ない光栄でありますとともに、身の引き締まる思いです。
 人口減少が大きな課題となる中で、地方創生の推進や災害に強い県土づくりなど、県政は多くの課題を抱えておりますが、県民の皆様の負託に応えるため、また議長の補佐役として、県民の皆様がもっと政治に参画していただく機会をつくっていきたいと考えております。
 私は、県民の皆様の意見にしっかりと耳を傾けるとともに、各議員の意見も伺いながら、県民の皆様の想いをきちんと汲み取り、県の施策に反映させることにより、住んで良かったと思える大分県をつくっていきたいと考えております。
 課題は山積しておりますが、その中でも特に、社会的に弱い立場の方々が十分に輝くことができる社会の実現に向けてあらゆることに粉骨砕身努力してまいる所存であります。
 終わりに、今後の皆様のご指導・ご協力を心からお願い申し上げまして、就任のあいさつとさせていただきます。
 どうぞよろしくお願いします。
大分県議会では、本会議の模様を生中継や録画中継により配信しております。ぜひ、ご覧ください。