大分県トップページ > 大分県議会 > 請願・陳情の手続

請願・陳情の手続

印刷用ページを表示する 更新日:2014年11月13日更新

請願・陳情 

請願とは?

 請願とは、国や県の機関に対して、その職務に関する事項について、要望を伝えたり、意見を述べたりする制度で、憲法や法律で保障された国民の基本的人権のひとつです。
 大分県議会に請願書を提出する場合は、大分県議会議員の紹介が必要となります。
 請願は、所管委員会へ付託され、委員会で審査した上で、本会議において採決に付されます。議決結果は、請願者に通知します。

陳情とは?

 陳情も請願と同様に要望や意見を述べることですが、法的な定めはありません。
 大分県議会に陳情書を提出する場合は、大分県議会議員の紹介は不要です。
 陳情は、所管委員会へ回付され、執行部の意見を聴取し、必要により委員から要望または意見を述べます。

請願・陳情のしかた

 請願・陳情は、別記様式例により、次に掲げる要件に留意の上、大分県議会議長あて提出してください。
 請願・陳情はいつでも提出できますが、各定例会における提出締切日は、一般質問最終日のおおむね5日前です。

 【要 件】
  1 邦文を用いること。
  2 請願・陳情の趣旨及び理由を簡潔明瞭に記載すること。
  3 提出年月日を記載すること。
  4 請願・陳情者の住所(法人または団体の場合には、その所在地)を記載し、署名(法人
   または団体の場合には、その名称の記載及び代表者の署名)または記名押印すること。
  5 請願書の表紙に1人以上の紹介議員の署名または記名押印を受けること。
    請願書であっても紹介議員の署名または記名押印がないものは、陳情として受け付け
   ます。
    なお、陳情の場合は、紹介議員は必要ありません。

  請願書・陳情書様式例 [PDFファイル/35KB]

請願・陳情処理の流れ


請願・陳情処理の流れ

大分県議会では、本会議の模様を生中継や録画中継により配信しております。ぜひ、ご覧ください。