ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 食の安全・安心のひろば > 食中毒発生状況(平成15年)

食中毒発生状況(平成15年)

印刷用ページを表示する掲載日:2010年2月17日更新

大分県(確定値)事件数9件患者数293人死者数0人

【大分県詳細】

No.
発生場所
発生月日
摂食者数
患者数

病因物質

原因食品
原因施設
1別府市1/21

8

6

SRSV

酢ガキ(推定)

飲食店

2中津市

1/26

2

2

アルカロイド

スイセンの葉

家庭

3
日田市
7/4
4
3
腸管出血性大腸菌井戸水
家庭
4
大分市8/19
1
1
テトロドトキシンコモンフグ
家庭
5
九重町
9/12
289
171腸管病原性大腸菌不明
飲食店
6別府市12/382テトロドトキシンフグ料理飲食店(無許可)
7大分市12/78647ノロウイルス弁当飲食店
8速見郡12/1015256ノロウイルスチキンカツ福祉施設
9別府市12/2165ノロウイルスカキ鍋のカキ(推定)家庭
556
293

SRSV:Small Round Structured Virus (小型球形ウィルス)は、
平成15年8月の食品衛生法の改正によりノロウイルスと名称が変更された。


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください