ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 食の安全・安心のひろば > 食中毒発生状況(平成16年)

食中毒発生状況(平成16年)

印刷用ページを表示する掲載日:2010年2月17日更新

大分県(確定値)事件数12件患者数380人死者数0人

【大分県詳細】

<>
 
No.
発生場所
発生月日
摂食者数
患者数

病因物質

原因食品
原因施設
1佐伯市3/2

1

1

テトロドトキシン

ヒガンフグ

飲食店(一般食堂)

2宇佐市

5/22

1

1

テトロドトキシン(推定)

ショウサイフグ(推定)

家庭

3
佐伯市

7/3

23
6
黄色ブドウ球菌おにぎり
家庭
4
国外(中国)7/30
71
28
ブドウ球菌・
毒素原性大腸菌・カンピロバクター
不明
不明
5
国外(ロシア)
8/1
175
99毒素原性大腸菌不明
不明
6豊後高田市8/1330037
腸炎ビブリオ
仕出し飲食店(旅館)
7中津市8/138853腸炎ビブリオ仕出し飲食店(仕出し)
8別府市9/107747腸炎ビブリオちらし寿司飲食店(一般食堂)
9大分市11/1710122黄色ブドウ球菌弁当飲食店(弁当)
10大分市12/89255ノロウイルス不明飲食店(一般食堂)
11別府市12/153322ノロウイルス和食会席料理飲食店(旅館)
12大分市12/24589ノロウイルス不明飲食店(弁当)
1,020
380

SRSV:Small Round Structured Virus (小型球形ウィルス)は、
平成15年8月の食品衛生法の改正によりノロウイルスと名称が変更された。


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください