ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 建設業指導班のページ > 高校生向け建設現場体験学習会

本文

高校生向け建設現場体験学習会

印刷ページの表示 ページ番号:0002110724 更新日:2020年10月31日更新

目的

建設産業においては、就業者の高齢化及び若年入職者の減少が他産業と比較し進行しており、産業の存続に必要な技能の継承等が困難になりかねない状況にあります。

そこで、県内の土木建築系学科を有する高等学校の生徒とその保護者を対象に、建設現場の現状や就労環境の実態を体験し、建設産業への興味・関心を深めてもらい、将来の就労先の候補としての意識の向上を目的とします。

開催スケジュール等

開催
年月日
学校名学科対象学年参加
人数
R1年9月17日日田林工高等学校建築土木科1年生40
R1年10月16日中津東高等学校土木科1年生37
R1年11月20日鶴崎工業高等学校建築科2年生40
R2年1月29日大分工業高等学校土木科2年生

38

R2年1月30日大分工業高等学校建築科2年生38

体験学習場所

これまでの体験学習場所
大分川ダム

大分川ダム建設現場

i-Constructionの導入による、近未来の土木工事現場の学習体験

ドローンによる写真測量やIct建機によるマシンガイダンスなど最先端の情報化施工技術の学習体験

現場技術者との懇談やバックヤード見学を通じて、造り手の想いや働く環境に触れ、土木工事への理解の向上

碩田学園

碩田学園新校舎(完成イメージ)

西棟・東棟・アリーナ棟の施工状況を見学し、現場技術者の解説により校舎完成までの工程や施工上の注意点などについての学習体験

玉来ダム

玉来ダム建設現場

 

竹田水害緊急治水ダム建設事業に至る経緯や整備状況の説明を通じて、治水対策の重要性を学ぶとともに防災意識の向上を図る

ダムの建設現場やダム内部の監査廊を見学することで、ダムの構造や仕組みについての学習体験


解体工事業登録に関すること
建設業の生産性向上の支援に関すること
指名停止措置に関すること
建設機械の打刻・検認に関すること
建設業者に対する融資制度等に関すること
建設工事従事者の安全及び健康の確保に関する大分県計画に関すること
個人情報の取扱いについて
建設工事紛争審査会に関すること