ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新時代おおいたのページ > Q&A 県職員はいくら給与をもらっているの?

Q&A 県職員はいくら給与をもらっているの?

印刷用ページを表示する掲載日:2019年11月13日更新

Q&A 県職員はいくら給与をもらっているの?

職員が実際にはいくら給与をもらっているのか分からないという声がありましたのでお答えします。

Q  県職員の給与やボーナスはいくらくらいですか。
A  以下のとおりです。

給与

Q  県職員の給与はどのように決まるのですか。
A  毎年、人事委員会が民間企業と県職員の給与を比較して、それぞれの給与が均衡するように県議会議長と知事に給与改定の勧告を行います(これを「人事委員会勧告」と言います)。その後、知事が県議会に対して給与に関する条例改正案を提案し、県議会の議決を経て給与改定が行われます。
 また、ボーナスについても同様に民間企業の支給月数と比較して決定しています。

Q  どのような民間企業と比較しているのですか。
A  職種、役職段階、学歴、年齢などの状況が県と同じような企業と比較するため、会社の総従業員数が50人以上、かつ、支店等があれば支店等の従業員数が50人以上の民間企業と比較しています。

Q  今年度の人事委員会勧告はどのような内容ですか。
A  民間企業と県職員の給与を比較したところ県職員の給与が641円低く、ボーナス支給月数が0.06月少ないため、民間企業と同程度とするよう人事委員会から勧告がなされたところです。

Q  職員の給与は上がるのですか。
A  今年度の人事委員会勧告の取扱いについては、国の取扱いや他県の状況など様々な状況をみながら検討し、改正が必要と判断すれば知事が県議会へ条例改正案を提案することとなります。

Q  知事や県議会議員の給与はいくらくらいですか。
A  以下のとおりです。

給与

Q  知事や県議会議員の給与はどのようにして決めているのですか。
A  一般職員などの改定状況をみながら、県議会の議決を経て決定しています。
 なお、過去の職員の給与減額状況などを踏まえて、知事、副知事、県議会議員は当分の間、給与を減額しているところです。
 また、ボーナスは国の大臣や各省庁の指定職(事務次官等)の改定状況を踏まえて決定しています。

問 人事課 097-506-2306


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください