ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新時代おおいたのページ > 心ひらいて まず野菜、もっと野菜

心ひらいて まず野菜、もっと野菜

印刷用ページを表示する掲載日:2020年6月1日更新

「子どもの権利条約(児童の権利に関する条約)」

 子ども(18歳未満の児童)は様々な権利を持ちます。「全ての子どもの命が守られる、生きる権利」「いきいきと学んだり遊んだりできる、教育を受け育つ権利」「虐待・暴力や有害な労働から、守られる権利」「自由に意見を表したり、団体を作ったりできる、参加する権利」等です。
 すべての子どもたちが一人の人間として認められ、その成長過程で必要な保護や配慮、支援が受けられるよう「子どもの権利条約」に定められています。この条約は1989年に国連で採択、日本では1994年に批准され、以来、子どもの権利擁護にむけ、国内外で様々な取組が行われてきました。
 しかし、まだ世界では年間530万人の子どもが、病気や貧困による栄養不足などにより5歳までに命を落としています(ユニセフ報告2019)。日本でも学校などでのいじめ問題や、痛ましい虐待のニュースが数多く報じられるなど、権利が十分に守られているとはいえない状況にあります。
 子どもの人権が尊重される「平和で安全な社会」を創るために、子どもにとって何が最もよいことかを考えることが大切です。そして、今直面している問題や課題を子どもたちの未来に先送りしないことが、私たち大人の責務ではないでしょうか。

 【関連ページ】 ようこそ こころちゃんの部屋へ!!(県庁内リンク)

こころちゃん画像

まず野菜、もっと野菜 「大葉とトマトのカリカリベーコン巻き」

今年度は、県の「健康寿命日本一」を目指す取組として「まず野菜、もっと野菜」をテーマに、一日の「野菜摂取量350g」の目標実現に向けた、野菜を使った『簡単!おいしい!ヘルシー♪』なレシピを紹介していきます。

大葉とトマト

 今回は「ぱぱっと野菜料理コンテスト」で優秀賞に選ばれたレシピをご紹介します。
 巻いて焼くだけなので超簡単!食べるときにカボスをかけると、さらにおいしくいただけます。

レシピ提供:二宮 正(大分市)

材料(1人前) 

ミニトマト・・・・・・・・・・・小7個(70g)
大葉・・・・・・・・・・・・・・・・・7枚
スライスチーズ・・・・・・1/2を7枚
ベーコン・・・・・・・・・・・・・7枚(トマトを巻ける長さのもの)
コショウ・・・・・・・・・・・・・少々

調理方法

(1)大葉とミニトマトとチーズをベーコンで巻き、爪楊枝でさす
(2)フライパンにクッキングシートを敷き、フタをして強火で焼く
(3)コショウを少々かけてできあがり
  *隠し味として、大葉のジェノベーゼソース(市販)を使うと味に深みが出ます

健康づくり支援課 ☎097-506-2666


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください