ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > めざせ!健康寿命日本一おおいた > 「まず野菜、もっと野菜」プロジェクト~スーパー・コンビニとの連携~

「まず野菜、もっと野菜」プロジェクト~スーパー・コンビニとの連携~

印刷用ページを表示する掲載日:2018年11月1日更新

大分県では、健康寿命日本一の実現を目指し、「野菜摂取350g」を目標の一つに掲げ、まず野菜(最初に野菜を食べる)、もっと野菜(今よりあと70g食べる)の推進に取り組んでいます。この取組を広く普及するため、県内の主要スーパー、コンビニ等と連携した取組を実施しています。

普及啓発の物品

  • 2018年8月から「まず野菜、もっと野菜」プロジェクトがスタートし、県内主要スーパーやコンビニでポスターやのぼりの掲示を行っています。
  • これらの啓発物品の掲示にご協力いただける店舗は、大分県健康づくり支援課(097-506-2666)へご連絡ください♪

  啓発物品    

スーパー・コンビニの取組紹介

・各店舗の野菜売り場を中心に、ポスター、のぼり、ミニのぼり、スイングポップの掲示や、レシピブックの配布を行っています。ベジプリマの動画の上映も行いました。

・今年度は、コープおおいた、トキハインダストリー、サンリブ、マルミヤストア、ローソン、セブン-イレブン・ジャパン、ファミリーマートの各店舗にご協力いただきました。

コープおおいた

トキハインダストリー

サンリブ

ローソン


 

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください