ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 東部保健所 > 大学生の食に関する実態調査

大学生の食に関する実態調査

印刷用ページを表示する掲載日:2013年3月25日更新

調査の概要

東部保健所では、いきいきと暮らし、働くことのできる活力ある地域づくりのため、これからの世代を担う大学生を対象に、管内の4つの大学にご協力をいただき、食に関するアンケートを実施しました。その結果の概要をお知らせしますので、是非皆さんの健康づくりにも役立ててください。

調査時期

平成24年7月21日から8月5日まで

調査対象

管内4大学の学生
 男性208名、女性828名、(不明4名) 
 合計1,040名

調査方法

大分県簡易申請システムによる電子入力および調査用紙による無記名の入力・自記式。
集計は大分県東部保健所地域保健課で行った。

調査内容

  1. 回答者の属性
  2. 食生活等の状況
  3. 食に対する意識と食生活改善のために望むこと

調査結果の概要

  • 朝ごはんを食べていますか?
  • 朝食を食べない理由は?
  • 体型について正しい感覚を
  • 食環境ほか

大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください