ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

任意継続組合員

印刷用ページを表示する掲載日:2009年12月9日更新

任意継続組合員

 退職日の前日まで引き続き1年以上組合員であった人が、退職後引き続き短期給付及び福祉事業(対象とならない事業もあります)を受けることを希望するときは、原則として年間任意継続組合員として、組合員のときと同様に短期給付等が受けられます。
 なお、この場合の短期給付には、傷病手当金、出産手当金、休業手当金、育児休業手当金及び介護休業手当金は含まれません。ただし、在職中に傷病手当金、出産手当金を受給していた場合は、継続して支給されます。
※任意継続組合員となるためには、退職した日から20日以内に申し出て、掛金を納入することが必要です。

提出書類

任意継続組合員資格取得申出書 [PDFファイル/112KB]

【記入例】任意継続組合員資格取得申出書 [PDFファイル/101KB]

退職日から20日以内に共済組合に提出してください。

詳しくは、共済組合までお問い合わせください。


再就職した場合(現在任意継続組合員の方)

再就職等により中途脱退する場合は、「任意継続組合員資格喪失申出書 [PDFファイル/96KB]」に就職年月日が確認できる書類(健康保険証等)のコピーを添付して提出してください。

【記入例】任意継続組合員資格喪失申出書 [PDFファイル/103KB]

掛金を前納している場合は、未経過期間分の掛金を還付しますので、「任意継続掛金還付請求書 [PDFファイル/58KB]」を併せて提出してください。

証明書の申請(資格喪失証明書等)

資格喪失証明書等の証明書を申請したい方は、証明願 [PDFファイル/4KB]を共済組合まで提出してください。


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください