ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > めざせ!健康寿命日本一おおいた > 令和2年度 第2弾受動喫煙対策「灰皿撤去キャンペーン」の結果について

本文

令和2年度 第2弾受動喫煙対策「灰皿撤去キャンペーン」の結果について

印刷ページの表示 ページ番号:0002117128 更新日:2021年3月5日更新

受動喫煙対策を推進するため、県内のコンビニエンスストア・スーパーマーケット・理美容組合との協働により実施した「灰皿撤去キャンペーン」結果をお知らせします。

 灰皿撤去キャンペーン結果について [PDFファイル/1.63MB]

「灰皿撤去キャンペーン」の結果について

コンビニエンスストア協力店舗の取組継続状況

 今年度は協力店舗63店舗のうち、21店舗(33.3%)がキャンペーン終了後も灰皿撤去の取組を継続し、もともと設置なし148店(30.0%)と合計すると、県内における灰皿撤去店は169店舗(34.3%)となりました。

第1弾を実施した昨年度から51店舗増加しています。

スーパーマーケット協力店舗の取組継続状況

 協力店舗15店舗のうち、15店(100%)がキャンペーン終了後も灰皿撤去の取組を継続しています。

もともと設置無し124店(83.8%)と合計すると、県内における灰皿撤去店は139店舗(93.9%)となりました。

理・美容所組合協力店舗の取組継続状況

 協力店舗47店舗のうち、9店(19.1%)がキャンペーン終了後も灰皿撤去の取組を継続しています。

もともと設置無し281店(81.7%)と合計すると、県内における灰皿撤去店は290店舗(84.3%)です。

県民アンケートの結果

本実証実験に対する県民アンケート調査を大分県のホームページで実施したところ、2,550件の回答がありました。

回答者の属性

 (性別) 男性43.6%、女性56.1%
 (年代) 多い順に 50代:34.6%、40代:25.9%、60代:21.8%、30代10.3%、70歳以上:4.4%、20代:2.8%、20歳未満:0.3%
 (喫煙の状況) 喫煙者8.9%、非喫煙者91.1%

今回の取組に対する評価

「とてもよい」「よい」が86.9%、「あまりよくない」「よくない」が4.9%でした。

今後の取組継続への意見

「取組を続けてほしい」が87.1%、「続けてほしくない」が6.0%でした。
また、「喫煙者」「非喫煙者」で分けてみると、「非喫煙者」の93.2%が、「喫煙者」の24.3%が「取組を継続してほしい」と回答しました。

今後の取組について

 今後も、路上での受動喫煙防止のため、屋外に灰皿を設置しないコンビニエンスストア、スーパーマーケット、理美容所等を増やす取組を進めます。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


健康寿命日本一おおいた創造会議
ロゴマーク、キャッチコピー