ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 保健 > 健康づくり > めざせ!健康寿命日本一おおいた > うま塩(減塩)プロジェクトの推進について

本文

うま塩(減塩)プロジェクトの推進について

印刷ページの表示 ページ番号:0002119219 更新日:2020年11月27日更新

 健康寿命を延ばす3つの鍵のひとつに、「減塩マイナス3g」があります。
この理由は減塩によって、高血圧の予防、さらには循環器疾患の予防につながるからです。
日本人の食事摂取基準2020によると、男女別「1日の目標量」は、下記のとおりです。

1日の食塩目標量

一方、大分県民の男女別「1日の食塩摂取の現状」は、下記のとおりです。

大分県の食塩摂取の現状

 

大分県民は男女ともに『塩分摂り過ぎ』です!

「塩分摂りすぎ」の解消に向けて、『うま塩プロジェクト』

減塩への取り組み『うま塩プロジェクト』では、産学官が連携して県産の「旨み」を持つ食材を「上手く」活用し、「美味い」塩分控えめの食事=「うま塩」の提案を、家庭及び学校給食、外食・中食向けに行っています。

1.「うま塩レシピ」 

>>> 美味しく減塩『うま塩レシピ』はコチラから
     平成26年度から大学・食品メーカー等と連携し開発している減塩メニューです

 

★ご自宅でできる『うま塩プロジェクト』!

 日常の食卓で取り入れやすい、美味しい減塩の“コツ”をご紹介します。
     >>> ご家庭向けのレシピ・リーフレットはコチラから  
                                クッキング

2.うま塩メニュー提供店

『うま塩プロジェクト』に協力してくださる外食・中食事業者の方を募集しています


県は、うま塩レシピのノウハウを活用し、1食あたり塩分3g未満の食事(=「うま塩メニュー」)を
提供してくださる外食・中食事業者の方を募集・認定しています。

   >>> 応募方法や認定までの流れはコチラからご確認ください  
                                  うま塩販促物

外食や中食利用で、気軽に楽しめる「うま塩」メニュー提供店舗ご紹介

     >>> お近くの店舗をご利用ください。
                           市町村別のご案内はコチラから 
                                      レストラン

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


健康寿命日本一おおいた創造会議
ロゴマーク、キャッチコピー