ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

うま塩もっと野菜部会

印刷ページの表示 ページ番号:0022288889 更新日:2021年8月30日更新

「うま塩もっと野菜部会」について

◆目的

 生産・流通や販売などの関係者で構成された部会を設置し、健康寿命日本一を実現するためのスローガンである「減塩マイナス3g」「野菜摂取350g」の達成に向け、「うま塩」と「まず野菜、もっと野菜」の両方を備えた中食(惣菜、弁当)・外食の提供拡大や普及啓発を行い、県民が自然と健康的な食事を選べるような食環境整備の推進する。

◆部会員

 学識経験者  :別府大学

 県内スーパー :(株)トキハインダストリー、生活協同組合コープおおいた、(株)サンリブ、

         (株)マルミヤストア、イオン九州(株)

 食品関連企業 :カゴメ(株)、キユーピー(株)、(株)めん食

 専門団体   :公益社団法人大分県栄養士会、野菜ソムリエ

取組内容

◆うま塩もっと野菜部会の開催

 令和3年度 第1回 令和3年 6月22日(火)

 令和2年度 第1回 令和2年 8月 4日(火)

       第2回 令和2年10月30日(金)

       第3回 令和3年 2月25日(木)

◆野菜の日(8月31日)に向けた普及啓発

やさいのひ

◆「うま塩もっと野菜」メニューの開発・販売

かごめ

◆啓発物の作成

けいはつ


健康寿命日本一おおいた創造会議
ロゴマーク、キャッチコピー