ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > めざせ!健康寿命日本一おおいた > うま塩メニュー提供店申請・認定について

本文

うま塩メニュー提供店申請・認定について

印刷ページの表示 ページ番号:0002119254 更新日:2021年3月30日更新

うま塩メニュー提供店に登録いただける飲食店・中食事業者さん募集中!

  県民の食塩摂取量低減に向けたプロジェクトにご賛同いただける事業所様には下記のサポートをいたします。

  • 管理栄養士による栄養計算やうま塩メニュー開発のお手伝い
  • 認定証交付
  • のぼり、ステッカー、健康情報等販促物の無料提供
  • 県のホームページや各種パンフレットでの店舗紹介
  • 健康アプリ「歩得」スタンプラリー対象店舗に登録(※うま塩の取組+野菜の取組を実施している場合)

下記申請書にご記入の上、管轄保健所まで提出ください。

>>> 申請書はコチラから(食の健康応援団)

>>> うま塩提供店ガイド第6版 [PDFファイル/6.33MB]


       表 裏

「うま塩メニュー提供店」認定までの流れ

Step1 「栄養計算」  

 

開発に際して、まず「うま塩化するメニューの栄養計算」を行います。

この時点で食塩3g未満であれば、うま塩メニュー認定です。Step3へ。
食塩3g以上であれば、Step2へすすみ、メニューの検討を行います。

STEP

 

Step2 「メニュー内容の検討」

お店の方とメニュー内容の相談を行います。


「とり天定食」をメニュー例として、ご説明していきましょう。


当初は食塩相当量が5月2日gでした。
うま塩メニュー認定は、同3.0g未満ですので、2月3日gの減塩が必要となります。


ポイント4つの変更により、うま塩化を行いました。
右の写真が、「うま塩化」後の定食となります。
サラダ(食塩0g)とフルーツ(食塩0g)を追加し、彩りと栄養バランスが整った魅力メニューとなりました。

   beforeafter

before(メニュー相談前) [その他のファイル/301KB]    栄養士ポイント [その他のファイル/21KB]   after(メニュー相談後) [その他のファイル/461KB]

Step3 「認定」

Step1・2を経て、うま塩メニューの完成となります。
お店には「認定証」と「うま塩メニュー提供店のぼり」を交付します。

めにゅ

うま塩提供店

認定後 [その他のファイル/1.5MB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


健康寿命日本一おおいた創造会議
ロゴマーク、キャッチコピー