ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 西部保健所 > 食品衛生情報(令和2年9月更新)

食品衛生情報(令和2年9月更新)

印刷用ページを表示する掲載日:2020年9月29日更新

食品衛生情報

カンピロバクター食中毒を予防しましょう!

当所管内では、今年3月と9月に食肉販売店で販売された鶏刺し・肝刺しによるカンピロバクター食中毒が発生しており、いずれの事例も加熱用の鶏肉が生食用として提供されていました。

カンピロバクター食中毒の主な原因食品は、鶏レバー等の刺身、鶏肉のたたき、焼き鳥等生または加熱不十分な鶏肉です。手指や調理器具等を介した二次汚染の例も多く見られます。

食中毒の予防方法等の詳細は下記PDFファイルからご確認ください。

食品衛生情報(令和2年9月)

  食品衛生情報(令和2年9月) [PDFファイル/261KB]

バックナンバー


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください